より良い広告のためにもリスティング広告を代行してもらおう

デザイン技術を集客に活用

展示会

ブースデザインの重要性

各業界・業種ごとに多数の企業が参加して新商品や技術開発力をアピールする場となっている展示会や見本市は、ビジネスにおける新たな出会いの場でもあります。展示会を訪れる人々は業界関係者が多く、それまで取引のなかった企業との間で大口購入や業務提携へと発展する場合も少なくないのです。そのため参加企業は自社ブースにさまざまな工夫を凝らし、少しでも他社より目立つよう華やかな競争を繰り広げています。展示会で割り当てられたブースは面積が限られており、その制約の中でどれだけ訪問客に自社ブースを印象づけられるかが重要なポイントとなってきます。それも単に目立ちさえすればいいというわけではなく、紹介する商品やサービス・最新技術に合わせた最適な装飾デザインやデモンストレーション技術が求められるのです。このようなデザインや技術は近年ますます高度に進化を遂げているため、現在では展示会装飾を専門とする業者も多く登場しています。ブースデザインを手がける業者に展示会装飾を依頼すれば、自社で装飾から設置まで行う場合と比べて訪問客の注目を集められる点で有利となります。人員が限られていてデザインや装飾業務と縁がない中小企業の大半では、そのようなノウハウを持たないのが普通です。ブースの背景として使われるパネル1つでもプロの業者は入念な計算のもとにデザインを施しており、心理学的効果や色彩学が応用されています。この他にも照明やカタログスタンド・チェア・モニターといった備品にも隅々にまで計算が行き届いており、企業ロゴやイメージカラーなども有効活用されるのです。こうした展示会ブースの装飾は、IT関連や食品・美容・機械・アパレルなどの業種によっても適したデザインが異なります。自社の扱う商品やサービス・企業イメージに応じて細部まで計算し尽くされたブースデザインは、新たなビジネスを開拓するのに重要な役割を果たしてくれるのです。